婚約指輪というのは、結婚の約束の証に男性から女性に贈る指輪のことなのですが、この婚約指輪を渡すタイミングというのはいつなのでしょうか?婚約指輪を贈ると聞いて、多くの人がパッと思い浮かぶシーンと言うのは、結婚の申込をする時に婚約指輪を差し出して返事を聞くというシーンではないかと思います。

映画やドラマなどではほとんどプロポーズの時に婚約指輪を男性が用意しているというパターンになっていますよね。

あんなシーンにぽろりと涙を流す彼女を見たことがあるかもしれませんが…。

しかし、実際にはというと、婚約指輪を結婚するかしないかわからない時点で用意するという男性はあまりいません。

いえ、ほとんどいないといってもいいでしょう。

婚約指輪といえば、それなりに高価なものであり、断られるのなら用意するのはもったいないと思うのですが、日本のカップルの場合、もったいないというよりも二人で一緒に選ぶ(どちらかというと男性の意見よりも女性の意見が大事)という場合が多い様です。

ですから、もう結婚すると決まってから用意するということになりますね。

結納をとり行う場合は、結納の時に贈る人が多い様です。

ですから、婚約指輪事情を知らない男性は、間違っても先に一人で婚約指輪を買ってしまわない様にしてくださいね!二人で結婚式の準備をしながら、結婚情報サイトや情報誌をチェックしたり、ジュエリー店を回ったりと一緒に選んでいく様にしましょう。

開発される経緯が特殊なアクセサリーのデザインですが、確かに今の世の中でこの手のアイテムの質は高まりつつあります。

Read more…

実力を見ると、アクセサリ業界は昔と比べてもかなり質が高くなったと判断する事ができます。

Read more…